増築リフォームする上で気をつけるべき点とは?

自宅を増築リフォームするなら、幾つか気をつけるべきポイントがありますのでご紹介いたします。

元々の建物の構造によっては増築が難しい場合もあるため、事前に専門家に調べてもらうと良いでしょう。

構造的に問題がなくても自由に増築できるわけではなく、建築基準法の建ぺい率や容積率を守ってリフォームしなければならないため、確認申請が必要になりますよ。

リフォームの規模によっては、工事中は自宅で暮らせなくなる事が考えられますので、別の住居を用意してリフォームが終わるまで引っ越す事になるでしょう。

増築して床面積が増えると、固定資産税も変わる事が考えられるため注意が必要ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。