リフォームで使い勝手の良いキッチンを実現しよう!

今よりもっと使い勝手の良いキッチンを実現するためには、生活動線や作業効率、通路の幅や作業スペースなどを考慮してリフォームするのがポイントですよ。

ワークトライアングルというシンクと冷蔵庫とコンロの位置関係が最適な距離だと、キッチンでスムーズに作業できるようになると言われているので、現在のキッチンを使用していて使い勝手の悪さを感じているなら見直してみましょう。

キッチンを移動する際に、効率よく移動できる導線を確保する事によって使い勝手の良いキッチンを実現できるでしょう。

キッチン設備のサイズは色々ありますが、キッチンを使用する人の身長によっては使い勝手が悪かったり、使用して疲れたりする事が考えられますので、キッチンを使用する人の体型や身長に合わせて設備を選ぶ事も大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です