浴室の安全性を向上させるリフォームとは?

浴室をリフォームするなら、安全性を考慮する事が大切ですよ。

浴室ではお湯やシャンプーなどによって床が滑る状態になりやすいため、転倒防止で事故を回避するために浴室と脱衣所の床材選びをしましょう。

浴室を使用するのが高齢者なら段差をなくすバリアフリーリフォームや手すりの取り付けもオススメですから、浴室を使用する人の身長や体の大きさに合わせて手すりを設置しましょう。

特に冬の寒い時期には温度差によるヒートショックが起こりやすいため、浴室暖房設備や床暖房を導入したり、断熱性や保温性に優れた素材を採用したり、体に負担をかけないためにも温度差の対策が必要不可欠なのです。

浴室も毎日使用し続けていると老朽化していきますので、10年や20年以上経過したならリフォームを考えてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です