リノベーションとリフォームの違い

お家を直すというと、「リフォーム」と「リノベーション」という言葉が出てくると思います。
実を言うとこれらの言葉には明確な違いや決まりはありません。どちらも大きく考えると今の空間を新しく変化させるという意味となります。
そのため、実際にこれらを請け負う会社はそれぞれの解釈をして言葉を使っています。事前にホームページなどをチェックして、この会社はこういう意味で「リフォーム」もしくは「リノベーション」という言葉を使っているのだな、と理解しておくとスムーズに話が進みます。

このように明確な違いや線引きはないとご紹介しましたが、一般的な解釈ではそれぞれどう違うのかを簡単にご紹介したいと思います。

まずは「リノベーション」です。
リノベーションは再生の「Re」と革新・修復・刷新の意味のある「Innoxation(イノベーション)」を合わせた造語です。
そのため見た目だけを綺麗にするのではなく、そこにプラスして何かしらの機能や価値を付随させると解釈をする場合が多いです。
例えば耐震工事やキッチンやダイニングの壁を取り払って広々とした空間に作り替えるなど、価値を向上させる内容となります。

そして「リフォーム」をご紹介します。
リフォームは英語で「reform」となります。これは改革や刷新という意味になります。既にあるものを新しくするという意味合いで使われることが多いため、壊れていたり老朽化していたりするものを新しくするという意味合いで使われることが多いです。
例えば外装の塗り直しやヒビ割れの修復などが該当します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です